花の本棚

読んだ本の感想や考えたことを書いています

佐野広美 わたしが消える

佐野広美 「わたしが消える」
「誰かがこの町で」が面白かったので佐野さんの別の作品を読んでみました。

 



 
元刑事の男性は軽度の認知障碍と診断されてショックを受けていた。あるとき離れて暮らす娘から施設の前に置き去りにされた老人の身元を突き止めて欲しいと依頼される。彼もまた重度の認知症で意思疎通が不可能であり、自分の未来の姿と重なることから調査を引き受けることにした。調べてみると彼は他人の戸籍を渡り歩いている形跡があり認知症になる前は罪を犯して逃走していたのではと疑い始めると、警察組織と思われる人物から調査を止めるように警告されるというお話。
 
警察組織にまつわる刑事物風のミステリー作品となります。
主人公は刑事ではないのですが元ということもあって物語の流れや雰囲気は刑事物に近くなっています。ということもあって身元不明の男性の謎にせまっていくオーソドックスな内容となっています。私としては認知症と絡めたミステリーが出てくるのかと期待していたのですが、中身を見ると認知症は物語のキッカケであってメインではありませんでした。
認知症の代わりに描かれていたのが警察組織による社会コントロールの話でした。謎のネタバレになってしまうので内容は書けませんが陰謀論めいた話が多く描かれていたので、あまり鵜呑みにせず話を面白くするための設定と割り切って読むと楽しめると思います。
 
作中に警察組織が事件の故意に引き起こして社会をコントロールしている、という陰謀論的な話が書かれていました。何年か前に濱嘉之さんのある作品を読んでつまらないと書評を書いたところ、濱さんが描いているのは警察の闇で~とひたすら語る方に絡まれて面倒なことになったのを覚えています。これ以降濱さんの作品は二度と読まないと誓った。
陰謀論について考えるのは個々の自由なので好きにすればいいですが、世に出ているような陰謀論はだいたい当たってないだろうと思っています。理由は簡単で、言っている本人が生きているからです。もし巨大な陰謀を本当に言い当ててしまったら、その人は組織によって即座に消されてしまうのではないでしょうか。
陰謀論について考える考察遊びは頭の体操になるので、本作でも取り上げていた認知症の予防にはなるかもしれませんね。
 
素直な内容なので深く考えずに読みたいときにおススメです。

 

五十嵐貴久 マーダーハウス

五十嵐貴久 「マーダーハウス」
あらすじを読んで面白そうだったので読んでみました。

 



 
主人公の女子大生がシェアハウスに入居することとなった。そこの設備は素晴らしく、入居している男女はいずれも美男美女揃いでありテレビドラマで見たシェアハウスとも遜色ない雰囲気であった。あるとき同居人の一人が部活中に事故で亡くなったことをきっかけに徐々にシェアハウスでの生活に違和感を抱き始める、というお話。
 
こちらはホラーミステリーの作品となります。
メインである殺人鬼関連の描写が出てくるのがあまりに遅いため、楽しめるページ数が少ないです。プロローグで殺人鬼がちらつく描写があるのですが、実際に主人公がシェアハウスの違和感に向き合うのが中盤よりもっと後からでした。いつまでたっても本題が描かれないので本当にいるのか心配になりました。入居者が閉じ込められているわけではないので大っぴらに殺人鬼がいると出来ないのは分かりますが、主人公が違和感を見つける→気のせいか、という流れが多すぎて本題に入るのがあまりに遅い。間を持たせるためにシェアハウスでの生活や入居者間の恋愛などを描いていますが、それを読みたくて買ったわけじゃないので本題以上にページ数割かれても困ります。
メインのホラー部分に入ってからはそれまで「気のせいか」で済ませていた部分の真相が明らかになるので終盤だけは面白く読めます。
 
メインの部分が面白く描かれていただけにとても勿体無く感じる作品でした。

佐野広美 誰かがこの町で

佐野広美 「誰かがこの町で」
書店で見かけて気になったので買ってみました。

 



 
主人公の男性は自分を捨てた両親を探して欲しいという依頼人のためにある高級住宅街へ向かいこととなった。事前の調査で一家はその街で失踪していると判明していたのだが、住民に聞いてもこの街で失踪など起きるはずがないと言い張るばかりであった。調べていくとその街は「安心安全の街」という外向けのPRを守るために住民と所轄の総出で街内の犯罪を隠蔽していることが判明する、というお話。
 
ホラーテイストな雰囲気のあるミステリー作品となります。
片田舎の風習を守るために~といった作品と流れは似ていますが、本作は地価を下げないために住民が犯罪を隠蔽しているというリアリティな不気味さが描かれています。読んでいると家を手放せないために住民からの同町圧力に従わざるを得なかったり、街を良くしているという名目で住民が暴走し始めたりと似たようなことは最近開発された地域でも起きていそうだなと思える描写が多くあり読んでいて面白いです。
ミステリーの方は読んでいるだけでおおよその全容は推察出来るので自分で推理したりする必要はありません。話を面白くするために添えてある、というくらいの認識でOKです。
 
作中では街のためを名目に悪事を働くことに生きがいを感じ始めている描写がありました。描写によると自分の一声に周囲の住民が賛同して従ってくれることが快感になるのだそうです。
この描写を読んでいて、私の最初の職場と似ているなと思い返していました。その職場では「会社のため」という名目のために不正が横行する職場でした。衝撃的だったのは「今年は新卒を取り過ぎたので辞めさせるように仕向けろ」と会社が求めていると言いながら攻撃する社員がいたことです。ちょうど私がそのときの新卒だったので結構な攻撃をもらいましたが、後に調査したところ実際はそんな指示はなくただ本人がストレス発散したかっただけと判明したため辞職することなく今に至っています。
作中でも描かれていましたが「〇〇のため」を強調しすぎると根っからの悪人というよりは小心者が煽られて暴走することが多いようなので注意しましょう。
 
あまり見ない舞台設定の作品でしたので、気になる方はぜひ読んでみてください。

小橋隆一郎 AIドクターロボットⅡ

小橋隆一郎 「AIドクターロボットⅡ」
「AIドクターロボット」が面白かったので続編を読んでみました。

 



 
舞台である認知症治療院ではAIドクターロボットが勤務しており、ロボットと人を交えての意見交換会も開催されていた。AIドクターロボットの発展は目覚ましく、人間がドクターロボットにアドバイスを求めるケースも少なくなかった。
あるとき退院後に自殺未遂をした男性患者が再入院し、改善プログラムへ人が変わったように取り組み始めて驚異的な回復を見せた。その理由は現役時代に出会った秘書と再会して恋仲となったことでやる気を取り戻したことであった。それを知ったドクターたちが性欲によって患者のやる気を向上させることで認知症改善が出来ないかと考え始めるというお話。
 
認知症治療をテーマにしたSF風医療系の作品となります。
前作はAIロボットを認知症医療の現場に導入した場合にどういったことが起きるかを描いていたのですが、本作は認知症治療がメインテーマとなっていてAIロボットはそれほど重要な位置づけではありませんでした。ということもあり前作にあった良さが無くなってしまっています。
代わりにフォーカスが当たっているのが「性欲によるやる気向上」です。通常の病院で性欲増進などしたらセクハラだらけになりそうですが、AIロボットだけしか現場にいないのであれば問題ない、という考えは一理あるように思えました。ただ作中では「特に男性は」という言い方で濁していましたが、女性が性欲でやる気になるケースはほぼ皆無だと思うので効果あるのは「男性だけ」というのが現実でしょう。
前作同様ストーリー面は気にしないつもりでしたが、どうしても我慢ならない部分がありました。それは恋愛要素が多く入っており、その描写があまりにも気色悪いことです。著者の妄想をそのまま書いたような陳腐な描写で作家が本職でないことを差し引いても嫌悪感が上回っていました。本人が書きたかったのか、出版社側からの要請で書いたのかは知りませんが誰か止める人いなかったのかと思ってしまいました。
 
悪いところも書いてしまいましたが、気を取り直して読んでいて考えたことを書いていきます。
作中にてAIドクターロボットにドクターたちが相談したり本音を言ったりしている場面がありました。私はこの描写を読んでAIロボットは相談相手としてすごく良いのではと思い至りました。
良い点としては二つありまして、一つは恥やプライドを気にしなくていいことです。本音を見せるのは弱みを見せることに近いので人間相手だとどうしてもこれらが気になって言えなくなることが多いです。その点、AIロボットは立場もフラットであり弱みを見せてもそれをネタに何かされることもないので安心です(たぶん)。
二つ目は秘密を厳守してくれる点です。口の堅さはその人の意志と判断任せなので信用ならないところがあります。AIロボットであればシステムで防御すれば漏れることはないのでこれも安心でしょう。
こういった点からAIロボットによる相談員は実現したら結構な需要ありそうだと思いました。
 
前作よりもフォーカスが小さくなってしまい残念ではありますが、医療系の本として読む分にはありだと思います。

櫛木理宇 残酷依存症

櫛木理宇 「残酷依存症」
櫛木さんの新刊が出ていたので買ってみました。

 


男子大学生3人がサークルの借家にて何者かに監禁される。犯人から互いを攻撃し合うことを要求されその様子は犯人によって動画サイトにアップされているという残虐さであったが、それを受けるだけの罪を3人は過去に犯していると視聴者にバラされているために止める者はいなかった。
一方で女子大生が殺害される事件が発生しており、捜査すると高校にて彼女は取り巻きの男子に命令して気に入らない女子生徒を暴行させていたことが判明し怨まれる根拠が多大にあると判明した、というお話。
 
ホモソーシャルをテーマにしたミステリー作品となります。ホモソーシャルとは同性間の関係性を指し俗にいう「男の/女の付き合い」のことだそうです、私も本作で初めて聞きました。本作ではそんな同性間だからこそ発生する「自分を相手より上に見せたい」という欲望についてリアルに描いています。動画投稿にて犯罪まがいな行為をアップして炎上、という流れを近年よく見ますが中高年の男性たちでさえも昔はワルだった自慢を未だにしているのを見るに「他の人が怖がって出来ないことをやってやった」というホモソーシャルの影響は昔からなのだろうと考えてしまいました。
他にも男女でホモソーシャルはどう違うのか、私刑の問題などについても描写があるため読んでいてためになる部分が多くありました。なお裏表紙のあらすじには「デスゲーム」と書かれていたのですが、そういった描写は多くなかったので本作のメインではないようでした。
 
作中の警察官が社会の敵と犯罪者は別物で警察官は犯罪者を捕まえるのが仕事という考えを言っていました。この割り切り方は良いやり方だと思いました。これであれば私刑は社会問題と言うほどの問題行為ではないと認識できます。
上記の考えでいくと社会の敵に警察は何もできないということです。そうなると一般人たちが私刑で自浄していくのが一つの方法となり、かつて不良生徒を教師が殴って止めていたというのと本質的には同じシステムになるでしょう。日本では馴染みないですが自警団に近いものと考えるのが良いと思います。犯罪者を一般人が警察官や裁判に代わって私刑にし始めたら問題ですが、そこが順守されればゆくゆくは私刑が問題視されなくなっていくだろうと私は考えています。
問題となるのは私刑になった人の個人情報がすぐに晒されて広まるため、取り返しのつかない事態になるまでが物凄く早いことです。そうなってしまうと自分自身で考えて改心する前に私刑のダメージが来てしまうため、どうせ人生終わるならそのまま悪事し続けようという方向に傾くような気がします。そもそも社会の敵になるような行為をしなければいい、という意見が一番正しいのですがそれを言ってしまうと考えが止まってしまうので置いておきましょう。
 
ちなみに本作は「殺人依存症」に登場した人物が出てくるので一応は続編なのですが内容としての繋がりはほぼないのでどちらを先に読むかは気にしなくてOKです。気になる方は気軽に手に取ってみてください。

 

澤村伊智 うるはしみにくし あなたのともだち

澤村伊智 「うるはしみにくしあなたのともだち」
澤村さんの作品で気になるものを見つけたので読んでみました

 



 
ある高校にて女子生徒の自殺が発生する。その生徒はクラスでNo1の美人と評されていたため、多くの生徒や知人たちが悲しんでいた。生徒たちの尽力もあってクラスは平穏に戻ったと思われたが、No2とされていた女子生徒が授業中に顔中からニキビが突如発症して顔が醜く変わってしまった。その後最初に自殺した女子生徒も老婆のような顔に変えられていたことが判明し、それは「ユアフレンド」と呼ばれる呪いによって起きたことと噂され始める。
誰が生徒に呪いをかけているのか、その目的は何なのかを探るというお話。
 
ホラー風ミステリーの作品となります。
本作は顔の美醜をテーマにしているため、女性たちがどういった悩みを持っているかをリアルに描写しています。顔立ちは生まれ持ったものが強く出るのは周知のことではありますが、その子家庭内で顔立ちについてどう扱っているかが最も問題になるという点を著者は主張したいように読み取れました。顔立ちに関しては私も悩んだことがあったので読んでいて共感したり、ためになった考え方に触れることが出来て有意義でした。
ミステリー面の方はというとこちらも上手く作られています。他人の顔を醜く変えることに執着しはじめたのかという点が非常に深く書かれています。上記の顔の美醜にまつわる悩みの部分とのつながりも良く出来ているので読んでいて楽しめました。自力で推理するような作風ではないので雰囲気を楽しみながら読むのが良いと思います。
 
作中では自分の顔が他の子と比べて醜くて悩む女子学生たちが多く出てきます。顔に関する悩みは私も経験があるのでその心情はある程度理解しているつもりです。
歳を重ねた今でも私は自分の顔が嫌いです。今までの人生の中で顔を起点に他人から攻撃されたことがあるのに対してプラスに働いたケースがないからです。中高生の頃の私は今よりもかなり中性的な顔立ちだったのでそれを理由に攻撃されていました。大学は周囲に理解ある人に恵まれたので気にならなくなった、と思っていたら社会人になると一度も苦労したことのなさそうな顔ということで再度攻撃され始めてしまいました。という経緯もあって自分の顔は邪魔としか認識していません。
中高生の当時は手段が選べなかったので火や薬品で顔を焼いてしまおうかと考えていましたが、今は社会人なので整形で解決出来ます。顔の悩みで精神的な苦痛を受けるのを整形で解決するのはお金の使い方としてはかなり有益だと考えています。ただ私の場合だとわざわざお金出して「苦労を重ねて疲れてそうな顔にしてください」なんて注文するのは馬鹿らし過ぎるので、そのお金を賄賂や武器に使って相手を除去してしまった方がコスパが良いでしょう。
 
ホラー風と紹介したようにホラー感はそれほど強くないので、気になる方は気軽に手に取ってみてください。

宮西真冬 誰かが見ている

宮西真冬 「誰かが見ている」
あらすじを読んで気になったので読んでみました。
 

f:id:flower_bookmark:20220417191235j:plain


主人公の女性は思い通りにならない我が子が自分の子供ではないと感じており向き合うことが出来ずにいた。保育園からも子の問題行動が原因で疎まれており、周囲から見下されているのが屈辱だったことから嘘の育児ブログを投稿して周囲からの称賛を集めているという状況であった。あるとき保育園から自分の子がいなくなったと知らされるが、連れ去った人物には心当たりがありこのまま子が見つからなくても問題ないのでは?という考えがよぎる。
子を連れ去ったのは何者なのか?彼女がこんなにも子と向き合えなくなったのはなぜか?を過去の回想を辿って描いているというお話。
 
母親と子育てをテーマにした作品となります。
子育てやパートナーとの関係に悩む女性たちの視点で物語が進みます。子と向き合えない母親、不妊治療をしたいが夫が非協力的な妻、子供が嫌いなのにパートナーに子を強く望まれてしまう女性、などその状況はどれも深刻であり描写のリアルさも相まってイヤミスに近いような雰囲気になっています。心理描写の仕方が非常に上手いのでこちらが本作の見所となります。
後半の方にはなぜそんな状況になってしまったのか?をそれぞれが考えだし、周囲やパートナーと本音で向かい合い始めることで事態が好転しはじめて少し救われるような展開がありました。誰しもが似たような事態に遭遇したことがおそらくあると思いますので共感したり、自身の悩みについての気づきがあったりするのではないでしょうか。
作中ではこの「本音を言う」にフォーカスがあたることが多かったので、おそらく悩む女性たちに著者が伝えたかったのはこの部分なのだろうと読み取れました。
 
作中にて自分の望んだ通りの子供が生まれたら子育てを頑張れるのに、と悩む母親がいました。この母親は女の子を望んでいたが、産まれたのが男の子だったためにこういった状態になったと描写されていました。
何かの記事で性別を選ぶことが今の技術なら可能、と読んだ覚えがあります。いわゆるデザインベイビーの問題なのですが、倫理観などの社会的な問題は置いておき本当に望んだ子が産めたら上記の母親の悩みがどうなるかを考えてみました。
結論からいうと子育てに対してのプレッシャーが高まるでしょう。具体的に言うと子の方は完璧に望んだものを用意したのだから、完璧な子に育たなかったらすべて親の責任という風潮におそらくなります。そうなると「自分の望んだ通りの子供なのになんで上手くいかないの」という上記の悩みを裏返しただけのものに悩まされるような気がします。私は子育てをしたことがないので子育ての苦労は想像するしかできませんが、子育ては不確実なものという位置づけだからこそ何かあっても世間が大目に見てくる部分もあるのではないでしょうか。
 
女性がブログにいいねとコメントが集まっていた時の高揚感が忘れられず必死にネタを探すというシーンがありました。私もこういった文章の書評を長いことネットに公開していますが、いいねを稼ごうと考えたことは特にありませんでした。というのも私の書評の形態はいいね集めにはまったく向いていないからです。
以前別の本で言及されていたのですが、ネットコンテンツは笑い、エロ、暴力の3強が圧倒的に強いそうです。この3強のどれかを文章の書評で出すにはかなり難易度が高く、仮に表せたとしても動画の方が圧倒的に強いです。やるとしたら動画化と読み上げは必須で、3強のどれかを強調した内容で支持者を固めてから徐々に書評メインにシフトしていく、というやり方かなと思います。どうしても文章の書評で3強のどれかをやるとしたら暴力が一番やりやすいかなと思います。差別的な内容の本を取り上げて、その差別の正当性を主張すれば暴力のコンテンツとして成立するのではないでしょうか。
ちなみに所属する読書のコミュニティの中で私が見た一番いいね/コメントを集めていたのは「せっかくなので本の表紙と同じ色合いのノースリーブワンピース着てみました」という写真付き投稿でした。比較的にお堅い人が集まりそうな読書のコミュニティですらこういった傾向なので、書評によりネット上で注目を集めたければ上記の3強との絡みは必須と見ていいでしょう。
 
女性だけでなく男性側の視点でも大事な考え方が描かれていましたので、子育てをされている方々にぜひ読んでみていただきたいです。