花の本棚

読んだ本の感想や考えたことを書いています

米澤穂信 真実の10メートル手前

米澤穂信 「真実の10メートル手前」

今回は貰い物の作品。著者、作品名ともに有名なものです。

 

f:id:flower_bookmark:20210606221242j:plain

 

太刀洗シリーズのうちの一つです。フリー記者である彼女が取材を通して様々な事件の真相と関わった人たちの心情を描いている短編集となります。

短編集ですので各章のミステリーはそこまで深い事件ではありませんが、登場人物の心理描写は非常に面白かったです。またそれらを目の当たりにしても   一人の記者としての立場を毅然と通す姿はカッコイイと思いました。

シリーズものの一つではありますが他の作品を読んでいなくても概ね問題ありません。ただ1章だけ「さよなら妖精」と薄っすら関係のある話がありますので、読んでいた人には分かる部分が少しだけあります。

 

作中の章の一つにあらゆる物事に難癖をつけないと気が済まない老人が登場します。それを知った中学生から彼は批判を言うけど意見を出せと言われたら何も言えないだろうと察するシーンがありました。批判と意見は別物である、という考えは私も同意します。

ディベートや議論に詳しいわけではないので経験則でお話しますが、意見とはテーマについて事実をもとに分析して有効だと自分が判断した考えのこと。対して批判は意見の悪い部分を指摘することを指す、と私は思っています。これをもとに考えると、両者の違いで一番決定的な点は意見が一つもない状態から批判は出せないことです。つまり議論の場で先導するための一番手を担うには意見を投じる能力が必須ということです。誰でも経験があると思いますが、自由に案を出していい場であっても一番に意見を言うのはかなりストレスのかかる行動です。私の職種は特にプライドの高い人が集まりやすいと言われているので、批判に晒されるのを恐れて意見は出さず批判側に徹する人も多い。

私としては一番手で意見を出すと、内容が悪ければ後続の方が批判や別の意見を出しやすくなりますし、良ければそのままブラッシュアップすればいいので、どちらにしても損がない。であれば最初に意見を出してしまえという姿勢になりました。私的な感情で言うと意見も出さずに批判を出すのは姑息な感じがして嫌いなのでやりたくありません。

 

これとは別にもう一つ考えたことがあって、「反対するなら代案を出せ」という主張がありますね。案を出さない人への憤りの気持ちは分かるのですが、この主張は止めた方が良いと思っています。というのもこれほど強烈な主張がないと言えない案は聞く価値のある案ではないからです。

まず上にも書きましたが反対(批判)する能力と意見を言う能力は別物なので、批判だけしかしない人が意見を出すのも上手いケースは稀です。少なくとも私が社会人をしていてそういった人から良い意見が出てきたケースを見たことがありません。よって上記の主張の通りにされても使えない意見を聞かされて時間が過ぎるだけになるので、これは批判だけする人への日頃の鬱憤を晴らす以外の効果はないとみていいでしょう。それだったら意見もらうよりも労働力や資金を提供してもらい方がはるかに効率的というものです。

私の意見が正しかった、聞かなかったのが悪いと結果が出てから言い出す方もときどき見ますけど、そもそもそこまで価値のある意見なのに適切なタイミングかつ聞かれるまで出さないのは受け身の姿勢なので社会人として失格です。きつい言い方ですが人に伝わる形になっていないものはどれだけ素晴らしくても無価値です。

 

軽く読める上に内容も良いので、サクッと読みたいときにおススメです。

 

 

 

垣谷美雨 後悔病棟

垣谷美雨 「後悔病棟」
垣谷さんの作品で気になる作品を見つけたので読んでみました。

 

f:id:flower_bookmark:20210530232617j:plain



 
主人公の女医は患者の気持ちを汲み取れずに失言してしまうことを悩んでいた。あるとき拾った聴診器をあてると患者の心の声が聞こえ、余命が近い患者が悔いている過去を読み取れるようになる。さらに聴診器をあてていると患者は過去に戻って違う選択をしたときの人生を体験することも可能であった。不思議な聴診器を使って患者の後悔を取り除いていく、というお話。
 
SFドキュメンタリー系の作品です。
余命宣告された患者は自分の人生を悔いる、とよく言われていますがその悔いている場面で違う選択を取った先を見られるとしたら?を短編集として描いています。親に夢を諦めさせられてしまった子、娘の結婚に反対してしまった親、など現実世界でもよく聞く種類の「たられば」ですが登場人物たちの心理描写がとても上手いです。各章の結末を見た限り、過去の選択を悔いることに縛られなくて良いということが言いたいのだろうと読み取れました。
なお舞台は病棟ですが医療系の話は出てきませんのでご注意ください。
 
人生の選択をやり直せるとしたら、が題材なので選択を間違えたと悔いている場面が多く書かれています。自分の人生を振り返ってみると、致命的に選択を間違えた場面はないように思えました。
以前別の作品でも触れましたが、どこかで他の道へ進んだとしても今の人生でぶつかった苦労や困難が避けられるとは思えないからです。今までぶつかった困難のほとんどは自身の人格や能力が原因で発生したものだと認識しています。もしそれらを避けるために道を変えるのであれば、人格や能力が根本的に変わる地点まで戻らなくてはいけません。そう考えてみると、産まれる家庭を変える、つまり別人物に産まれ変わるという次元で変わらないと意味がない。そこまでしたらもはや来世になってしまいますね。
もちろん進学先や就職先などを細かいところを変えていれば今より良い人生になった可能性はありますが、それを切望するほど今が不幸でもありません。考えが楽観的すぎる気もしますが、これくらいの方が生きていくにはいいのかもしれませんね。
 
短編集ですので他の垣谷さんの作品に比べるとライトにできているため、手軽に読みたいときにおススメです。

 

村山由佳 嘘 Love Lies

村山由佳 「嘘 Love Lies」
あらすじが気になったので読んでみました。
 
主人公の男性はネグレクトな家庭で育ったが、中学生になりようやく親しい友人たちが出来た。あるときそのうちの一人の女子が不審者から暴行を受け、知り合いの暴力団の男に頼み犯人を見つけ出して痛めつけるつもりが誤って犯人を殺害してしまう。その件を期に彼らは罪悪感を持ちながら生き始め、二十年の月日が経ってもなお苦しみ続けていた。長く続く苦しみから彼らは抜け出すことが出来るのか?というお話。
 

f:id:flower_bookmark:20210523231818j:plain

 
支えあいをテーマにした物語系の作品です。
本作の見所はメインの人物たちの心理描写の上手さになります。あの時にああしていれば…と過去の行いを後悔しながら生きている姿の描写はリアルで惹き付けられるものがありました。
物語の進行の仕方は事件のことを一人で抱え込んで生きる男女と互いに苦しさを見せて支えあおうとする男女の2ペアに分かれて進んでいきます。自分だったらどちらの生き方を選ぶか、と想像しながら読むと面白いと思います。
 
作中にて傷ついた同級生を一生守っていこうと決意をしたが相手から拒まれるというシーンがありました。特に男性は女性に対して守りたい姿勢を見せることが多いですが、それを拒まれるのはかなりショックだと思います。人を守る上で一番重要なことはこの人に守ってもらいたいと相手に認めてもらうことだと私は考えています。
守ってもらうためにはまず自分の弱い部分を相手に見せる必要があり、相手をちゃんと選ばないとそこに付け入られます。最初は守ってもらえたけど段々と見返りを求められるようになってトラブルが起きる、という話は珍しくないので守られる側の選定が厳しくなるのは当然のことです。身も蓋もない言い方になりますが世の中の困難の9割はお金があれば解決するので、単に守るだけで満足するのであれば相手にお金を援助するのが早くて楽です。守りたいと申し出る人たちがやりたいのはお金で解決しない困難から守ることだと思うので、まずは信頼を勝ち取る行動をするべきだと私は考えています。
 
初めて読む作家さんでしたが、楽しめたので他の作品も読んでみようと思います。

 

林真理子 小説8050

林真理子 「小説8050」
知り合いの紹介で読んでみました。

 

f:id:flower_bookmark:20210509184454j:plain

 

主人公の男性には中学生から7年間引きこもり続けている息子がいた。ある時娘が結婚を考えていたが、弟が原因で破談になることを懸念していると打ち明けられる。意を決して息子と向き合ってみると、中学校にていじめに会ったことが判明する。彼が立ち直るために妻や娘から反発されつつもいじめの加害者生徒たちを裁判で訴えることにする。
 
高齢の親と引きこもりの子の社会問題、8050問題をテーマにした作品です。
引きこもりがおよそ100万人いると言われているため気になるテーマだったのですが、主人公たちは8050より30若い設定となっています。そのせいか8050問題じゃなくていじめ問題にフォーカスが当たっているようにも見えてしまい、主題はどこなのだろう?という印象でした。とはいえ引きこもりの息子をめぐっての家族それぞれの心情や行動の描写の仕方は実にリアルで読んでいて面白いです。
また主役を8050年代に置かなくていいのか?と思ったのですが、終盤の展開を見るに希望のある作風にしたくて救いが残っている前段階の状況を題材にしているように見えました。
個人的には8050とは別の見所がありまして、引きこもりの息子に対しての夫、妻、娘のアプローチの対立は読んでいてためになりました。3人のうち誰に賛同するかによって作品の見え方や印象が大分変わると思います。ちなみに私は娘のアプローチが一番共感できました。
 
作中にて引きこもりの息子について「悪い点はどの家庭にもあるが、悪い点に対して何もしない家庭が一番良くない」と両親に娘が言うシーンがあります。
私はこの考え方に共感しました、これは家庭だけでなく個人としてもその通りです。いい年をしていれば今まで生きてきた中で汚点や失敗は何かしらあります。重要なのはそれらとどう向き合ったかで、私の経験上俗にいう「身内の恥」との向き合い方はその人の人間性人間力如実に出てきます。なぜ如実に出るのかを考えてみると、仕事や人間関係と違ってこれらはスマートな印象の良い逃げ方がないからです。そのためにその人の持つ総合力でぶつかるしかなくなるので、今まで隠してきた部分を含めて全部出てしまうのでしょう。
私もいくつかの「身内の恥」と対峙したことがありますが、どれも今の自分にとっていい経験として身に付いていると思っています。
 
想像していた内容と異なる部分もありましたが、考えるきっかけになる描写も多くあるのでおススメです。

山田宗樹 きっと誰かが祈ってる

山田宗樹 「きっと誰かが祈ってる」
今年のGWは順調に読書が進んでいます
山田さんの作品で気になるものを見つけたので読んでみました。
 

f:id:flower_bookmark:20210505181757j:plain


主人公は乳児院にて実親と暮らせない2歳までの子供たちの母親役「マザー」を担っていた。里親が決まったときの別れは辛いが限られた期間で愛情を注ぐ日々であった。あるとき自分が最初にマザーを担当した子供のことが気になり調べてみると引きとった里親が事故で亡くなり、その親が引き取ったと知る。心配になり様子を見に行くとその子が万引きしている姿を目撃する、というお話。
 
子供への愛情をテーマにした作品です。山田さんは「百年法」などのSF系作品が有名ですがこちらはドキュメンタリー系となっています。
マザーが担当するのは2歳まででありたくさんの愛情を注いだでも子供たちの記憶に自身は残らない、という設定のため何とも割り切りがたい保育士たちの心境が描かれています。子供から忘れられてしまっても幸せをずっと祈っている姿はとても素敵で、担当した子供が施設を巣立っていくシーンは感動的で見所の一つとなっています。
 
お子さんがいらっしゃる方にはぜひこちらを読んでみていただきたいです。私とはまた違った視点で楽しめると思います。

浅倉秋成 六人の嘘つきな大学生

浅倉秋成 「六人の嘘つきな大学生」
あらすじが気になったので読んでみました。

 

f:id:flower_bookmark:20210503105558j:plain



 
急成長した企業の最終選考に6人の大学生が残っていた。最終選考はグループディスカッションで、一か月後の本番までに6人でチームとして議論する準備をするように言い渡される。全員内定を目指してチームを作ってきたが採用枠を1人にすると企業から連絡があり、グループディスカッションのテーマは「6人の中で誰が内定に相応しいか」と通達される。それでも全員がフェアに内定を競おうとするが、当日の会議室にはメンバー全員の悪事を暴露する封筒が何者かによって置かれていた。誰が何のために封筒を持ち込んだのか?内定を手にするのは誰か?というお話。
 
就職活動を題材としたミステリーです。
封筒を持ち込んだ犯人捜しによる推理面と、内定を取るための心理戦面と二つの要素があります。見所は心理描写が非常に上手い点で、本作のテーマとして「人の本質を見抜く」が置かれています。推理面においても物証よりもどういった心理で行動を起こしたのかを読み解いて推理するようになっています。最後まで読んでみると表面的な行動だけでは人の本質は分からないことが浮き彫りになり、私個人としても色々と考える部分がありました。
同時に現在の就職活動についても言及されています。企業と学生が嘘で塗り固めて合っている活動に意味があるのか?と問題提起してくれています。自分と真剣に向き合ういい機会だと私は考えていますが、今の就職活動の形態である必要はないと思っています。
 
本作にて表面的な行動ではその人の本質は見えないという描写が多く出てきます。就職活動への言及として数時間の選考でその人の本質が分かるわけがない、と主張していました。
人の本質は見なくていい、と私は思っています。理由は表面的な付き合いをしていて「この人を深く知りたい」となってから本質を見るのが正しい順番で、本質を見るのは自分にとって特別な人だけで十分だと考えているからです。「本質まで見ていないのに決めつけるな」は一般論では賛同されるでしょうけど、世の中のほとんどは表面上の付き合いで出来ている以上は本質まで見ないと分からない素晴らしさに価値はありません。
特に社会人の場合、好感を持ってもらえるように自分から動かず、相手に本質を見てもらうまで待っているのは受け身の姿勢なので良くないです。受け身で仕事してはダメ、と多くの人は新人時代に習いましたよね。そう考えると「この人の本質を知りたい」と相手に思わせるようにコミュニケーションが取れることは立派なスキルと言えるでしょう。
 
人の内面の描写が上手い作品ですのでおススメです。
初めて読む作家さんでしたので他の作品も読んでみようと思います。

 

小島正樹 怨み籠の密室

小島正樹 「怨み籠の密室」
あらすじを見て気になったので読んでみました。
 

f:id:flower_bookmark:20210430184131j:plain


主人公の男性は生まれ故郷を離れて父と暮らしていた。あるとき父が死に病死したとされていた母が故郷で殺害されたと思われる言葉を残したために故郷を訪れるが、住民たちからまったく話を聞けなかった。その後村の工房にて首つり死体が発見されるが、その状況は完全な密室殺人であった。彼は知り合いの探偵に相談し、両親の過去を探りながら事件の謎を解くというお話。
 
探偵海老原シリーズの最新作です。このシリーズを読んだことなかったのですがいきなり最新刊を読んでしまいました。
内容は本格的な推理物です。密室の謎を解くだけではなく主人公の両親の過去のことも様々な伏線が作中に書かれていて、それらのつなげ方が非常に上手いです。自分で推理するのが好きな方はきっと楽しめると思います。
また閉鎖的な村だからこそ起きた家族による密室となっているため、物語として見てもいい作品でした。なので推理せずに読み進めていっても楽しめる作品となっています。
ちなみにシリーズの過去作を読んでいなくても問題がなさそうでした。他のシリーズ作品を読んでいない私から見ても、過去作を読んだ人にしか分からない描写は特に見当たらなかったのでご安心ください。
 
シリーズの他の作品も読んでみようかと思います。